エクオールとは何か?更年期障害の解消効能について

大豆フェニルクロモン

 

大豆に含まれる「大豆フェニルクロモン」というポリフェノールが、女性ホルモンのエストロジェンと類似した作用があることを既に理解している人はたくさんいると思います。

 

実は、ここ数年間でその動力源こそが「エクオール」にあることが判明して来たのです。エクオールについて理解すべきことは、自分の身体との真向かい方のサゼッションになるでしょう。

 

ここでは、エクオールとは何なのかについて詳細に説明します。

 

エクオール」とは?何かについて

 

私たちが大豆製品から体内に摂り入れる大豆フェニルクロモンには、ダイゼインとグリシテイン、ゲニステインの3つがあります。中でもダイゼインのみが、善玉菌により代謝されエクオールへと変貌します。

 

その効能(活性)そのものは、卵胞ホルモンの100分の1から1000分の1と 僅少ながら、エストロゲンが不足している時に、その信号を読み取るエストロゲン受容体にエクオールが脱却不可能となり、肌や骨、血管や脳などを保守する働きを果たします。

 

その傍らで、エストロゲンが過剰に増えた場合、エストロゲン レセプタのポーションに、生き残りゲームの落ちで効能がソフトなエクオールが依存することにより、その働きを低減できると考慮されています。

 

見込まれる更年期の症状改良効能ついて

 

また、ダイゼインのまま体内に吸い上げられるよりもエクオールとして体内に吸い上げられる方が、更年期などの症状により高度な効能を現すと言われています。

 

日本更年期医学会によれば、女性108人を対象に2日間の食事リサーチを実施し、最終日に24時間備蓄集合した尿中のダイゼインとゲニステイン、エクオールの量を実測しました。

 

これを更年期の症状別に分類してリサーチしたら、重症な人、軽症な人両方ともが尿中のダイゼインやゲニステインの量に大差はみられませんでしたが、重症の人の尿は明白にエクオール量が僅かで、軽症の人はエクオールが多大だという結果になったそうです。

 

この結果からも理解できるように、更年期の症状に根強く関係しているのは大豆フェニルクロモンの中でもダイゼインの代謝物質エクオールだとして、ただ今、関心を向けられています。